据え置き型のWi-Fiルーターのデメリット

置く場所に気を付けよう

家の中やオフィスなど様々な室内をWi-Fi環境に変えてくれる便利なWi-Fiルーターですが、置く場所を間違えると使い勝手が大変悪くなるので注意が必要です。まず気を付けないといけないのは、障害物です。特に、部屋を跨いで使おうとする場合だと壁や扉があるので、電波は弱くなる傾向があります。無線といえど目に見えていないからといって障害物をすべて通り抜けられるわけではないのです。また、棚や机なども同じ部屋内であっても障害物と認識されるので、Wi-Fiルーターと使用したい機器の間に物理的なモノがあると途端に電波が悪くなってしまう可能性があるのです。無線も周波数によって特徴があるので、障害物に強いものもあるのですが速度が遅くなるなど別の問題も発生してしまいます。

元のスピードは超えられません

Wi-Fiルーターを接続するにあたって、家やオフィスのインターネット環境を利用するのでLANケーブルを差すのですが、契約内容によってスピードが変わることも覚えておく必要があります。家やオフィスで申し込んでいるインターネット速度をそのままWi-Fiルーターに取り込んで無線として放出しているだけで、Wi-Fiルーター自体に無線速度を速める機能は付いていません。つまり、もともとのインターネット契約を速度の速いものにしない限り、どれだけ高性能のWi-Fiルーターを取りつけても速度の面では意味がないということです。事務職など同じ場所でパソコンを使って作業をする場合や、インターネットを利用したいデバイスを持ち運ぶ必要がないときは、速度・安定度ともに有線で繋いだ方が良くなります。

格安wifiの中には、速度制限が無く契約した翌日から利用を開始できる物があります。最短で当日に発送をしてくれるプロバイダもあります。