据え置き型のWi-Fiルーターのメリット

工事の必要がなくすぐに使える

ファイバーなどは契約してから工事に来てもらうまでに1週間ほどかかることもありますが、据え置き型のWi-Fiルーターは工事の必要がないので、コンセントに差し込んですぐに使えるのがメリットです。初期設定などは必要ですが、わざわざ業者に来てもらう必要はありません。引越しする時も、コンセントから抜いて引越し先に持って行けばいいだけです。引越し先で再び工事に来てもらったり、面倒な手続きをする手間も省けます。また、工事をすると初期費用として1万5000円から3万円ほどかかるのが一般的ですが、据え置き型のWi-Fiルーターなら工事がいらないので初期費用が掛からないことがほとんどです。安く便利にインターネットを使える環境を整えられます。

通信速度が速く複数人数で使える

据え置きタイプのWi-Fiは、簡単に設置できるうえに通信速度が速いのもメリットです。便利に設置できるタイプとしてはモバイルタイプもありますが、モバイルタイプは通信速度が据え置きタイプよりも遅くなります。また、据え置きタイプのWi-Fiは複数人数でも使えるので、家の中で家族が同時に利用できるのもメリットです。ハウスパーティーなどで友達が家に遊びに来た時でも、快適なネット環境を用意してあげられます。決まった金額さえ払えば使い放題というプランも用意されているので、速度制限を気にせずに使えるのもメリットでしょう。動画を見たり、ゲームを楽しんだりすることが多い場合は、モバイルタイプよりも据え置きタイプの方が適しています。

モバイルwifiは、回線工事の必要がなく自由に持ち運びができる通信用の端末で、自宅だけでなく外出先でもインターネットが利用できます。